歯科衛生士 - 資格/仕事内容/求人 - ワナビー歯科衛生士
野菜を食べる女性

インプラントは第二の永久歯!?

毎日使っているのに、ついつい適当なケアになってしまう歯。ですが、この歯と人間の体の健康は深く密接しているのです。歳をとっても自分の歯が15本も20本も残っている人は、とても元気だといいます。とはいえ、抜いてしまった歯はもうどうすることもできない――と、諦めることはありません。進歩を続ける医療技術によって、失った歯はインプラント治療によって取り戻すことができるのです!

インプラント(デジタルインプラント)ってなに?

乳歯が抜けて、生えてくるのが永久歯。では、永久歯が抜けたときは…?みなさんご存知のとおり、永久歯が抜けてしまったら、もう二度と新たな歯が生えてくることはありません。それ故に永久歯です。
これまでは、入れ歯やブリッジ(架工義歯)で抜けてしまった永久歯の役目を補っていましたが、現在は、インプラントと呼ばれる体内に人工的な物質を埋め込むという治療法で、永久歯の不足を補う人が増えています。

インプラントに関する注意点

入れ歯などとは違い、インプラントによって補われた歯は、本当の自分の歯のように違和感がなく、噛み応えも感じられます。また、しっかりと手入れをしていくことによって、半永久的に自分の歯として食事の時間を支えてくれます。いいことの尽くめのインプラント治療ですが、これはきちんと成功した場合のことです。
このインプラント技術は、長年にわたって研究されていた技術ではあるものの、一般的に普及し始めたのはごく最近のことで、インプラントに関する資格が設立されたのは2007年なのです。

インプラントに成功し、その後のケアを怠らなければ、とても信頼の置けるインプラント技術ですが、失敗してしまっては元も子もありません。では、インプラント治療を失敗しないための注意点についてご説明します。

インプラントを行う歯科(歯科医師)をきちんと選ぶ

インプラントが出回り始めた頃には、歯科医師のミスでインプラントが失敗することが最も多かったのですが、現在では年々成功率が上昇してきています。
しかし、だからといってどの医師でも成功するというものではありません。口コミやすでにインプラント治療を受けた方の話を聞くなどして、信頼の置ける歯科を選びましょう。

インプラントを行う前に健康状態を確かめる

インプラントは、生活習慣病をわずらっていたりすると、インプラント治療そのものを受けることができない場合があります。
また、タバコを多く吸う人や、アルコールの摂取が多い方の場合には、インプラント治療を行っても、歯の定着が上手くいかずに、失敗となってしまう方もいます。インプラント治療を行う前に、必ず自分の健康状態でインプラントを行えるのかを確かめておきましょう。

インプラントを行う前に骨について調べてもらう

骨の性質によって、インプラント治療の成功の成否も変わってきます。というのも、インプラント治療成功の成否は、インプラントがあごの骨に定着するか否かです。ですから、骨の質や量を調べることによって、インプラント治療失敗のリスクを抑えることができるのです。

インプラント治療後の注意

インプラント治療が終わったからといって、雑に扱っても半永久的に使えるわけではありません。インプラントがきちんと歯として定着しても、それ以降もきちんとケアをしていかなくてはなりません。

インプラント治療を行うにあたっての費用

インプラント治療は現在、保険の利かない自由診療です。そのため、その歯科によってインプラント治療にかかる費用は様々です。日本の場合の相場では、歯を1本インプラント治療を行うために20万〜60万円の費用がかかるといわれています。
絶対的な目安になるとは一概には言い切れませんが、インプラントにかかる費用はその歯科の信用の目安にはなるのではないでしょうか。

「インプラント」参考サイトの紹介

インプラント
http://implantdnv.com/

最近、入れ歯に変わって普及し始めているインプラント。自分の歯を取り戻したような感覚に、喜びを感じる方も多いとか。でも、インプラントって失敗しないの?費用はどれぐらい?保険は利くの?こちらのサイトは、そんな疑問にすべて答えてくれます。

”インプラント”に関する記事の紹介

ズバリ!インプラントにかかる費用とは!
http://implantdnv.com/c01implant_cost.html

自分の歯を取り戻すことができるインプラント治療。そんな難しそうな治療だけに、費用がものすごくかかりそう…。でも、実際のところはどうなのでしょうか?インプラントに保険が利くかどうかについても、こちらのページで紹介されています。

メリットもあれば、デメリットもあるインプラント
http://implantdnv.com/a03merit_demerit.html

インプラントによって自分の歯を取り戻せるなど、いいことが多いインプラント治療。でも、世の中いいことばかりじゃない!?こちらのページでは、インプラントのメリットはもちろん、やっぱりあったインプラントのデメリットについても紹介されています。

術後のケアも重要なインプラント
http://implantdnv.com/b03maintenance.html

インプラントは、治療を行った後もしっかりケアしなくてはいけません。その治療を怠ると大変なことになることも。こちらのページでは、インプラント治療後のケアについて、そして、それを怠ってしまった場合について詳しく説明されています。

  • 「歯科衛生士になるには」専門学校や短大・国家試験・就職率
  • 「歯科衛生士の仕事」予防措置・診療補助・保健指導・訪問歯科治療など
  • 「歯科衛生士について気になる疑問」職場・給料・派遣
  • 「歯科衛生士に関連の深い資格」歯科助手・歯科技師・歯科技工士・介護支援専門士