歯科衛生士 - 資格/仕事内容/求人 - ワナビー歯科衛生士
歯科技工士

歯科技工士の資格と仕事

歯科衛生士が歯科医師の治療に関わるベストパートナーならば、歯科技工士は歯科医師を影で支える技術パートナーといえます。
歯医者でも見ることの少ないため、馴染みの薄い歯科技工士という資格・仕事について見てみましょう。

虫歯の治療には欠かせない歯科技工士

多くの人が虫歯(う蝕)の痛みで歯医者を訪れると思います。痛みを覚えるほどの虫歯の場合、ほとんどは歯を削らなければ治療することが出来なくなってしまいます。

歯科技工士の仕事とは?

虫歯の進行具合いはC1〜C4まであり、初期段階の虫歯であるC1であれば、歯科医師がドリルで虫歯の部分を削り、コンポジットレジンを詰める(CR充填)ことで治療を行うことができます。

しかしC2以降の治療となると大幅に歯を削ることになるため、コンポジットでの治療は難しく、型をとって金銀パラジウム合金やレジンなど作った、詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)で削った部分を埋める必要があります。

医師や歯科衛生士が印象材などを用いてとった型を元に、インレーやクラウンなどを作成するのが歯科技工士の仕事となります。

高齢者や怪我などにより歯を失ってしまった人のための、入れ歯(義歯)の作成なども歯科技工士が行ないます。

経験が必要な仕事です!

虫歯により本来の形を失った歯を、歯科技工士は長年の経験と咬合器(噛み合わせを確認する機器)を使い、他の健康な歯の噛み合わせを見ながら調整・作成を行ないます。

人間の顎は自由に動き、それと同様に噛み合わせの方向も様々です。物を噛む、力をいれるときに食いしばる、歯には悪いのですが歯ぎしりをする人もおります。色々な状況においても違和感なく、元々自分の歯の形と同様の詰め物(インレー)を歯科技工士は作らなければいけないのです。

歯科医師や歯科衛生士と違い、患者さんのいない所で仕事を行う歯科技工士に最も求められるのは、かぶせ物(クラウン)を実際につけた時の患者さんの口腔内を想像する力かもしれません。

手先が器用でなければできないの?

歯科衛生士以上に手先の器用さを求められる仕事ではありますが、学校にてシッカリと実習を行うことから、資格を習得した時には現場で働けるぐらいの技術は身につきます。

もちろん就職してからも先輩歯科技工士の元で技術向上に励む必要はあります。

歯科医院に勤務している歯科技工士の場合は、実際に患者さんから装着した感じを聞くことができる場合がありますが、ほとんどは医師からの情報のみとなります。

医師からの依頼ですが、実際に使うのは患者さんですので、常に患者さんの立場に立って仕事をしなければいけません。

歯科技工士になる方法

歯科衛生士と同様に国家資格である歯科技工士になるためには、歯科技工士国家試験に合格して歯科技工士免許を取得する必要があります。

国家試験の受験資格

歯科技工士国家試験にも歯科技工士学校卒業という受験資格があり、2年制の短大や専門学校などで歯科技工に関わる知識と技術を学ぶ必要があります。

技術修得のために

知識はもちろんのこと、技術を最も必要とするため、学校により違いますが総授業時間の半分は実習に費やされます。

不器用だとしても日々の実習を積み重ねることにより、国家試験受験時には確かな技術が身についているのです。

実習では様々な機材や教材が用いられるため、授業料や実習費により歯科衛生士より学費は高くなってしまいます。

試験日と試験の内容

国家試験は2月下旬から3月上旬に各都道府県単位で実施されており、2日間の日程で1日目の学説試験(マークシート方式の学科試験)と、2日目の実地試験(技工技術の実技試験)にて行われます。

圧倒的に高い合格率と就職率

全国平均の試験合格率は例年90%以上であり、各学校が提示している合格率もほぼ100%ですので、しっかりと授業を受け体調を整えて試験に望むことで合格することができるようです。

就職率も同様に100%であり、手に職をつけるという目的から社会人経験者で歯科技工士を目指す人も少なくありません。

歯科技工士の職場とは?

歯科技工士の就業先としては、歯科技工所と歯科医院(歯医者さん)や病院が殆どになります。歯科技工所は歯科技工士のみで歯科医院などからの依頼で制作を行います。病院や歯科医院に技工室を併設している所は多く、実際に患者さんに接しながら制作を行うこともあります。

統計データから見る技工士不足という未来

厚生労働省の最新調査(平成20年度末)では、歯科技工士の数は35,337人、技工所の数は19,369件あるそうです。

単純に技工所の数を独立開業した技工士の数と考えると、半数以上の技工士が独立している計算になります。

歯科医師・歯科医院の数から考えると技工士は不足気味といえ、しかも現在就業している歯科技工士の3割以上が50歳以上というデータもあります。

年齢に関係なく働ける歯科技工士ですが、高年齢化が進んでおり特に地方では技工士不足 の声が聞こえ始めております。

独立や海外での就業

歯科技工士の多くが独立を望み実際に独立していることはデータからも分かります。歯科医院から受注を受けることで技工物の作成で生計を立てることができる技工士は、働く場所を選ばず自宅の1室でデンタルラボを開業している人も多くおります。

また日本の歯科技工技術は海外でも評価が高く、多くの技工士が海外で活躍しております。

独立や海外進出となると高い技術力を前提とし、営業力と共に経営の知識も必要となりますので、資格取得後の数年間は技工所や歯科医院へ就職するのが一般的となります。

  • 「歯科衛生士になるには」専門学校や短大・国家試験・就職率
  • 「歯科衛生士の仕事」予防措置・診療補助・保健指導・訪問歯科治療など
  • 「歯科衛生士について気になる疑問」職場・給料・派遣
  • 「歯科衛生士に関連の深い資格」歯科助手・歯科技師・歯科技工士・介護支援専門士