歯科衛生士 - 資格/仕事内容/求人 - ワナビー歯科衛生士
職場

歯科衛生士の仕事場

歯科衛生士の職場としてすぐに思い浮かぶのが歯医者さん(歯科医院・診療所)ですよね。というか歯医者さん以外で歯の治療をしたことが無いため、総合病院などに歯科口腔外科が存在することを知らない人もいると思います。
歯医者さん以外の歯科衛生士が活躍できる職場をご紹介します。

職場によって変わる仕事内容

厚生労働省の発表している最新の資料より、歯科衛生士の90%以上は歯医者(歯科医院・診療所)に就業していることが分かっております。

7万件違い歯科医院があることを考えれば納得の数字ですが、9割以上という数字には驚かされます。

では残りの1割に満たない人は、どこで働いているのでしょうか。

総合病院(大学病院)などの口腔外科

風邪で内科や、怪我で整形外科や形成外科などに訪れたことがある人は多いと思いますが、口腔外科で診療を受けたことがある人は多くは無いと思います。

歯科治療などはもちろん、顎や舌、口腔内の病気などの際にお世話になるのが口腔外科です。舌ガンや咽頭ガンなどの治療も行われます。

交通事故などで口の中や顎などに怪我をした場合には、外科医などと連携して治療にあたることができるのが総合病院の強みです。

歯科治療としては歯科医院からの紹介状による親知らずの抜歯などを行うことが多く、点滴を利用した静脈内鎮静法を利用した無痛治療なども売りとなっております。

歯科医院に比べ使用する機材が増え、また怪我や他の病気の患者さんの場合は歯科医院では馴馴染みのない症状ですが、仕事の内容に大きな違いはありません。全体の5%程の歯科衛生士が病院施設に従事しております。

行政機関(保健所・保健センター)で公務員歯科衛生士として働く

幼稚園や小学校など、また地域の福祉会館、障害児施設、介護施設などにおもむき、保健指導業務が主な仕事となります。

保健指導という業務自体は歯科医院に務める場合も行ないますが、看護師や保健師、栄養士など歯科医院で働いている場合は馴染みの薄い専門家とチームを組み、公務員として地域の人の健康管理を行ないます。

小さな子供から高齢者まで、様々な人に歯磨きの大切さを伝えます。実際に歯磨きの方法を指導したりもしますが、歯科医院のような治療行為などは器具、機材が無いので行うことはありません。

介護保険施設などでの口腔ケア

虫歯などで歯が痛くなると、物を食べることができないし、痛みで何もできなくなりますよね。歯周病が進むことで咀嚼・嚥下障害などを引き起こす可能性もあり、口腔内の細菌が肺炎の原因となる場合もあります。

介護保険制度の予防介護サービスに口腔ケアが規定されているように、高齢者の健康を維持するために歯科衛生士による指導が必要なのです。

現在従事している歯科衛生士は300人にも満たないとされておりますが、通所介護施設(デイサービス・デイケアなど)に常勤して、高齢者の口腔チェックなどを行っております。

その他の勤務先

歯科衛生士になるための学校などで指導員として働いている経験を積んだ歯科衛生士もおります。また美容整形外科でも歯科治療を扱っている病院などでは、歯科衛生士を求人しているところも珍しくはありません。

国家資格として認められ、確かな知識と技術を持つ歯科衛生士が活躍できる場所は沢山あるのです。

  • 「歯科衛生士になるには」専門学校や短大・国家試験・就職率
  • 「歯科衛生士の仕事」予防措置・診療補助・保健指導・訪問歯科治療など
  • 「歯科衛生士について気になる疑問」職場・給料・派遣
  • 「歯科衛生士に関連の深い資格」歯科助手・歯科技師・歯科技工士・介護支援専門士