歯科衛生士 - 資格/仕事内容/求人 - ワナビー歯科衛生士
仕事

大切な雑務と行ってはいけない治療行為

歯科衛生士の仕事として、予防措置、診療補助、保健指導をご説明しました。広義では診療補助に含まれますが、歯科衛生士としての仕事は他にもあります。
そして歯科衛生士では行えない仕事もありますので確認してみましょう。

診療補助という様々な仕事

小さな歯科医院の場合、患者さんとして訪れた際にその歯科医院でどれだけの人が働いているか分かると思います。

人数が少なければ必然的に多くの仕事をこなさなければいけないということです。

雑務から歯科医師のサポートまで

一人の歯科衛生士が受付を行い、診察台まで患者さんを案内し、そのまま医師による診察前に前回治療後の予後の状態を確認したり、治療前のクリーニングを行う。そして医師の治療の際に横についてサポートを行い、診察終了後には会計を行うということも珍しくありません。

もちろん複数の歯科衛生士や歯科助手が働いている場合には、それぞれ役割を決めている場合もありますし、担当制で一人の患者さんを一人の歯科衛生士が受け持つ場合もあります。

受付や電話の対応

特に小さな医院では歯科衛生士が受け付けや電話の対応を行うことも多くなります。受付や電話の対応一つで患者さんに不快な思いをさせてしまうことがあります。不安な気持ちで訪れた歯医者で、最初に会話をするのが受付担当者です。

患者さんの不安な気持ちを少しでも減らすという意味では、受付も立派な治療行為なのかもしれません。

事務作業

多くは歯科助手の担当となりますが、カルテの管理や会計の業務などの事務的な作業も行う可能性はあります。レセプトのオンライン化に伴いレセコンを導入している医院が多く、診療代金の計算は楽になったといえますが、治療補助と同様に間違いの許されない業務です。

写真の撮影やレントゲン撮影補助

口腔内写真は治療の経過を医師サイドが知るため、また患者さんへの説明にも用いられることから、現在の歯科医療においては必要不可欠なものです。

歯肉に隠れて見えない歯や神経の状態などを確認するためにはレントゲンが欠かず、適切な治療を行うためには正確なレントゲン撮影が必要になります。歯科衛生士には撮影をする為の準備と補助という仕事があります。

器具の洗浄と医院の清掃

清掃業者による定期的な清掃を行っている歯医者はありますが、日々の清掃は歯科衛生士の仕事でもあります。

不潔な歯医者では、どんなに歯科医師の腕が良く、スタッフの感じが良かったとしても、誰も治療を受けたいとは思いません。

患者さんの口に入る器具だからこそ、最新の注意を払って滅菌・消毒されていなければいけません。血液に接することにより感染症などの危険性も考えられるからこそ、治療後の器具の清掃は歯医者を存続していくうえで大切な業務です。

歯科衛生士が行えない仕事

歯科衛生士法の規定により、基本的には歯科医師の指示の元に多くの診療行為を行うことができる歯科衛生ですが、指示があっても行ってはいけない行為もあります。

歯を削る行為、歯肉の一部を切開したり抜歯などの行為、総義歯などの際に行われる精密印象と咬合採得、レントゲンの撮影、歯石除去以外を目的とした注射などは、厚生労働省の見解では違法に当たるとされております。

法律と医師の間で

多くの歯科医院では歯科衛生士の行える業務範囲内にて仕事が行われておりますが、人出不足の医院の場合には上記を無視し業務が行われている場合があります。

違法であることはもちろんですが、患者さんにとっても「歯科衛生士がやる仕事なのかな?」という疑問、疑念を抱かせることになってしまいます。

法律違反であることから刑罰はありますが、正しい治療を行うためにも業務範囲内での仕事を行う必要があります。

  • 「歯科衛生士になるには」専門学校や短大・国家試験・就職率
  • 「歯科衛生士の仕事」予防措置・診療補助・保健指導・訪問歯科治療など
  • 「歯科衛生士について気になる疑問」職場・給料・派遣
  • 「歯科衛生士に関連の深い資格」歯科助手・歯科技師・歯科技工士・介護支援専門士