歯科衛生士 - 資格/仕事内容/求人 - ワナビー歯科衛生士
専門学校,短大

専門学校や大学卒業という受験資格が必要です

歯科衛生士資格を取得するためには国家試験を受けなければいけませんが、試験には受験資格があります。
受験資格を得るためには学校(短大)や養成所(専門学校)にて、歯科衛生士として働くための様々な知識を身につけ卒業しなければいけません。

歯科衛生士の受験資格について

歯科衛生士資格試験の受験資格は歯科衛生士法にて、文部科学大臣指定の学校、厚生労働大臣指定の養成所を卒業した人と規定されております。

ちなみに海外にて歯科衛生士学校を卒業した人や、資格を取得した人も、申請認可されることで受験資格を得ることができます。

3年以上は学ばなければいけません!

以前は短大や専門学校など2年制の学校がメインだったのですが、歯科衛生士学校養成所指定規則の改正により、現在では受験資格を取得するためには3年制の短大や専門学校を卒業することが規定されております。

それに伴い、2年制の短大や専門学校は3年制へと変更されております。

多くはありませんが4年制の大学保健学科も存在し、専門性を深める以外にも介護や福祉に関わる知識の修得に力を入れています。大学院修士課程を卒業した人が歯科衛生士となることもあります。

専門学校と短大(短期大学)の違い

専門学校、短大ともに資格の取得を目的としていることは同じですが、それぞれに違いがあり一概にどちらが良いとはいえません。自分の目指す姿を想像し目的に合っている方を選択するようにしましょう。

カリキュラム(学べること)の違い

専門学校では即戦力を目指し専門性の高い授業、豊富な実習などが組まれており、一般的教養などの授業が一切無い学校などもあり、より実践的なことを学ぶことができます。例年3月に行われている国家試験に向け、前年度末までに授業や実習を全て終え、みっちりと試験対策を行う専門学校もあります。

対して短大では教養教育科目として情報処理や心理学などの幅広い知識を学べ、また体育などの授業を行う大学が多いように見受けられます。もちろん歯科衛生士になるための授業も行われ、実習による技術の修得も専門学校と同様に行われております。

資格を取得するために修得できる知識や技術に関しては、近年では差がなくなってきているともいえます。学歴で考えると短大を卒業することで短期大学士を得ることができるので歯科衛生士の資格は取得しつつも、他の方面へ進もうと思った時には短大卒業の方が有利かもしれません。

入学試験と学費

専門学校だからといって入学試験が無いということはなく、推薦入学なども可能です。短大の場合は一般入試、推薦入試の他にAO入試を行っている大学が増えております。

専門学校の方が学費(入学金や授業料、実習費など)が高いイメージが有るかも知れませんが、公立の短大と同じぐらいの金額の学校もあれば、年間平均学費が私立の短大と同様に100万円を超える学校まで様々あります。

求人状況

短大、専門学校共に、校外実習・臨床実習として病院や歯科医院、保健所などの施設にて実践的な実習を行ないます。学校で学んだ確かな技術が認められることにより、卒業生に対して多くの求人が寄せられるようになります。

学校によりますが、短大と専門学校共に高い求人率があり、求人率が20倍を超える学校も珍しくありません。

もちろん就職にあたっては資格の取得が最低条件となりますが、努力次第で資格は必ず取得することができます。

  • 「歯科衛生士になるには」専門学校や短大・国家試験・就職率
  • 「歯科衛生士の仕事」予防措置・診療補助・保健指導・訪問歯科治療など
  • 「歯科衛生士について気になる疑問」職場・給料・派遣
  • 「歯科衛生士に関連の深い資格」歯科助手・歯科技師・歯科技工士・介護支援専門士