• 「歯科衛生士になるには」専門学校や短大・国家試験・就職率
  • 【歯科衛生士国家試験】国家資格試験日から合格率まで概要をチェック
  • 【向いている人】コミュニケーション能力重視!技術だけでは務まらない仕事
  • 「歯科衛生士の仕事」予防措置・診療補助・保健指導・訪問歯科治療など
  • 【診療補助】器具の準備から治療サポートといったメイン業務
  • 【その他の仕事とできない診療補助】歯科衛生士には行えない業務もあります
  • 「歯科衛生士について気になる疑問」職場・給料・派遣
  • 【職場・勤務先は歯医者さんだけ?】歯科医院だけじゃない!?公務員として行政の仕事も!
  • 【派遣やバイトとして働けるの?】フリーランスなど色々な働き方があるから長く続けられる歯科衛生士

  • 「歯科衛生士になるには」専門学校や短大・国家試験・就職率
  • 「歯科衛生士の仕事」予防措置・診療補助・保健指導・訪問歯科治療など
  • 「歯科衛生士について気になる疑問」職場・給料・派遣
  • 「歯科衛生士に関連の深い資格」歯科助手・歯科技師・歯科技工士・介護支援専門士

歯科衛生士になりたい人へ

歯医者が苦手な人は多いと思います。でも痛みにこらえて不安な気持ちで訪れた時、歯科衛生士の優しい対応で少しでもリラックスできたことはありませんか?
歯科医院の看板ともなりえる、女性に人気の職業が歯科衛生士です。

歯科衛生士が人気の理由は?

男性でも歯科衛生士になることが法律で許されておりますが、看護師と違い現在でも男性歯科衛生士は数名しかおらず、相変わらず女性に人気の資格・職業です。

求人の多さが魅力です!

歯科医師が過剰気味で問題とされてますが、逆に歯科衛生士は不足していると言われております。

実際インターネットを使って軽く調べてみただけでも、歯科衛生士の求人情報を沢山みつけることができます。

しかも求人内容から判断すると新卒だけじゃなく、転職、再就職にも有利ということが分かります。

歯科衛生士は永久資格です!

国家資格である歯科衛生士は一度取得してしまえば、更新制度などがないので一生涯利用することができます。多くの人が結婚や出産を期に退職し、生活が落ち着いてきた頃に資格を活かして再就職しています。

別ページでご紹介しますが、空いた時間に勉強して取得できるような民間の資格などではなく、短大や専門学校にて勉強し国家試験に合格して取得できる、国に認められた資格であるからこその強みといえます。

高い合格率と就職率

すでに歯科衛生士の短大や専門学校のウェブサイトを見た人なら知っていると思いますが、ほとんどの学校で発表している国家試験の合格率は90%を超えていると思います、合格率と同様に就職率も100%に近い数字が提示されていると思います。

決して歯科衛生士の試験が簡単という訳ではなく、修学時にミッチリと勉強することで高い合格率を保つことができるのです。「短大に行って遊びながら資格も取りたいな〜」という軽い気持ちでは、とても授業についていくことはできません。

就職率が高いのは歯科衛生士が足りないという一言につき、毎年卒業生の数の数倍の求人が各学校には寄せられ、現在(平成22年)においても不況知らずの求人数といえます。

女性ならではの仕事

歯科衛生士の仕事としては、歯科医師による治療の補助の他に、歯石を取るためのスケーリングなどを行う予防措置、虫歯や歯周病を防ぐことを広く衆知する為の保健指導などがありますが、受付など歯医者の仕事であれば何でもこなすのが歯科衛生士です。

患者さんが安心して治療を受けられるのは、歯科衛生士が丁寧な対応をしてくれるからと言っても過言ではありません。

細やかな心遣いなどが求められることから、当初は法律にて女性のみと規定されていたのも納得できます。

全国で働ける強み

都市圏の大学に行っても「いずれは地元に帰りたいな〜」と思っている人や、沖縄や北海道など一度は住んでみたい場所がある人にも歯科衛生士はお勧めです。

患者さんが安心して治療を受けられるのは、歯科衛生士が丁寧な対応をしてくれるからと言っても過言ではありません。

看護師と同様に資格保有者であれば、どこの土地でも簡単に就職することは可能といえます。働き方だって常勤の正社員以外にも派遣やアルバイトとしても働くことができるので、小さな子供の面倒を見ながら働いているママ歯科衛生士も沢山おります。

海外で歯科衛生士になってみる?

歯科衛生士は英語でデンタル・ハイジェニスト(Dental Hygienist)と呼ばれ、アメリカでは歯科治療費が高いことから、メンテナンス(予防歯科)を定期的に行なっている人が多く、歯科衛生士に対する信頼は歯科医師のように高く、そして給料なども日本とは比較にならないくらい高いそうです。

日本の資格でそのまま海外で衛生士として働くことはできませんので、助手として働きつつ現地の歯科衛生士資格を習得する人もいるそうです。

メリットだけじゃないから良く調べましょう

歯科衛生士になるためには最低3年間は学校で学ばなければいけません。人出不足は確かですが、医療関係とはいえ決して給料・年収が高いとはいえないのが現状です。

女性がメインの仕事となりますので、職場も歯科医師以外は歯科助手含め全て女性ということも珍しくなく、人間関係の問題で職場を変える人も多いそうです。

歯科医師過剰という問題から、新卒歯科医師の賃金が下がっており、歯科衛生士の代わりに新人歯科医師を採用し、歯科医師のみで治療をすることを売りとする歯科医院も存在します。

困っている人の助けるになる歯科衛生士は素晴らしい仕事ですが、一生の仕事にしようと考えた時には、できるだけ情報を集めることが先決です。当サイトが歯科衛生士に興味を持つ人の手助けになれば幸いと思います。

  • 【診療補助】器具の準備から治療サポートといったメイン業務
  • 【訪問歯科治療】在宅診療で高齢者の口腔ケア
  • 【歯科技工士】歯科医師のもう一人のパートナー

2010年8月4日(水)
歯科衛生士の参考リンクを4件追加いたしました。
2010年8月4日(水)
歯科衛生士サイトを開設いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

    投稿がありません。